星ふる夜に

観劇の感想とか。過去の観劇も文章まとめ直して投稿したりしてます。

舞台『里見八犬伝』を観ようと思っている人へ

この舞台、マナーが悪い等連日話題になっているが、私がしたいのは特にマナーの話ではない。そもそもマナーについて注意喚起ツイートされちゃうような人はこんな記事読まないだろうし。それよりももっと純粋に里見八犬伝を楽しんでほしい、その思いからこの記事を書いている。結論から言うとパンフレット買って読んで!ってそれだけの話。

圧倒的なスケールに全米の理解度が泣いた

 かなり壮大な話になっている。ここでいう「壮大」とは「色んな登場人物の生い立ちや生涯を詰め込んじゃった」という意味だ。メインの登場人物が8人+悪役で、もうお前は誰だなにがどうなってるんだ、しっちゃかめっちゃかの状態に放り込まれる。加えて、現在の時系列の話の中に過去のエピソードが織り交ぜられつつストーリーが展開していくのだが、それが過去のエピソードなのだと分かりにくい。急にめっちゃ綺麗なお姉ちゃんでてきたけど誰だ!?お姫様!?あ、これ過去の話なのか!みたいな感じ。言ってしまえば、見せ場がありすぎて埋没し、もはやどこが見せ場なのか分からない。登場人物も多いものだから、感情移入するにできないし、一番出番が多いであろう信乃はそのパーソナリティが「何を考えているか分からない」というところにある気がしているので、そもそも感情移入の対象としてはもともと難点がある。

 総括すると、この舞台のネックとしては二点あると思う。

  • 登場人物が多すぎて感情移入がし辛い
  • 展開がつかみにくい

……ここさえクリアできれば、面白い。それが2017年版の里見八犬伝だ。そして、それをクリアする方法があると私は思っている。

 

パンフレットを買って先に読むべし

 ネタバレが大嫌い!パンフレットを先に読むなんて言語道断!という絶対ネタバレ殺すマンのそこのあなた。私も同じだ。知らない物語にわくわくしたいからネタバレは嫌だなあと思うし、そのために自分で回避する。でも、里見八犬伝だけはパンフレットを先に読むことをおすすめしたい。このパンフレット、ビジュアルの掲載+キャストインタビューと、かなり充実した内容になっている。そして、そのキャストインタビューがミソなのだ。このインタビューにおいて、キャストの方々はそれぞれ、自分が演じるキャラクターについてどのような人間であるのかということをコメントしている。それを読んだ後と前だと、物語に対する理解度が圧倒的に違うと感じている。「このキャラクターはこういう葛藤をしている、だからこういう言葉が出てくるのだな」と感情移入もしやすくなる。パンフレットを読まないと感情移入ができない舞台なんて、と言われてしまいそうだが、それはもう仕方がないのだと思う。八人の濃い人生をあの二時間半につめこんだのだ。そんなの全てを表現し感じろっていうほうが土台無理な相談なのだと思う。それよりも、「それだけ密度の濃い里見八犬伝」そして、その密度の濃さを実現させているキャストの方々の演技を十全に楽しむために、パンフレットの一読はやはりおすすめしたい。受ける印象がかなり異なってくると思う。

 

里見八犬伝を観る前にパンフレットを読んでほしい。

私が言いたいことはつまるところこれに尽きる。

 

私のように初回の観劇でシナリオに置いてけぼりをくらわないためにもオススメします。

感想:ミュージカル『刀剣乱舞』~三百年の子守唄~

生で刀ミュを観るのは初めてでした。かなり素直な気持ちを書いているので、褒めている部分ばかりではない点ご了承ください。ネタバレありです。

 

▼一部の所感

 一部の感想は「つまらなくもおもしろくもないな」って印象。展開が早いから退屈はしないけど、予想通りに進みすぎておもしろくもない。キャラクターのエピソードとかを深く知っていれば、ちょっとした設定やひっかかりに共感して楽しむこともできたのかな。今回の刀ミュの主なターゲット層が「刀剣乱舞を深く楽しんでいる層」ならば、このシナリオも納得だし正解なのかもしれません。実際、一緒に観劇した刀剣乱舞オタクの友達が泣きポイントをすごく説明してくれて。細かい設定を拾いつつ作ってくれているあたりは、原作に対する愛を感じます…。

 

▼「見守り続ける」というシナリオ

 刀剣男士達が実際の人物に成り代わって時代を見守るって、とうらぶの設定的にどうなの??っていう議論は何度かツイッターで目にしたこともあるので、そのあたりは割愛。純粋に「見守り続ける」というシナリオから感じたことを書いていきたいなと思っています。

 良かったな、って思った点は、冒頭にも書いたように展開が早いところ。徳川2代分の成長を描くので、あっというまに少年から青年になり大人になる。次々に場面が切り替わるので、飽きさせない作りになっているなぁって思います。スピード感がある。

 逆に、個人的にあまり好きではなかった部分は、ただ物事がすぎていってしまうこと。良い部分の裏返しかもしれないんですけど、時の流れが早くなった分「こういうことがありました!」っていう結果の連続になってしまっている印象をうけました。キャラクターが持つ感情の機微よりも、ストーリーの進行を重視した作りになっていたので「これって刀剣男士である必要あったのかな?」って感じ。物語の中で描かれてはいたけど「実際の歴史に抗いたい気持ちがあるけれど、でも歴史をそのままの形で継承しなきゃいけないという二律背反」の感情をもっと掘り下げていたら、その分心の振れ幅も大きくなっておもしろさも出たのかなぁって感じました。でも、

 

千子村正

 太田さん、あのクセの強そうなキャラクターをどう表現するんだろう…って気になっていたんですけど、純粋にすごいなって思いました。村正が話して、喋るのを観た時、村正がただそこにいるだけで感動した。この感動は一体何からくるものなんだろうって考えると、きっとそれは違和感なく「千子村正」というキャラクターがその場に生きていたことに対する感情だったのかなと思います。これってすごいことだなって。普通を表現することは難しいとよく言うけど、ぶっ飛んだキャラクターを現実に表現するのも難しい。ぶっ飛んだ表現をするということで、つい演技がかってしまう面があると個人的には感じます。でも、太田さんの千子村正は村正としてその場を生きていて、それを違和感なく感じることができました。だから私は、千子村正というキャラクターに対する思い入れをあまり持ち合わせていない状態でも、村正がただそこに「自然に」存在していることそれ自体に感動したんだと今になって思います。あとは即物的な話ですが衣装がぎりぎりな感じでとても良かったです。笑

 

▼二部の感想

 いやこれとんでもないコンテンツだ。

 二部になった途端、客席の雰囲気もステージの雰囲気もガラリと変わって。最初、黒のロングコートみたいな衣装をまとって刀剣男士が出てくるんですけど、滅茶苦茶かっこよくて衝撃をうけました。もともと私はイケメンが歌って踊るのを見ることがすごく好きなんですけど、そこにキャラクターという属性が追加されることによって思い入れもできて、余計楽しかったです。大倶梨伽羅、リアルMMDMMDモデルの大倶梨伽羅さんが踊っているかのようなビジュアルの完成度でした。刀ミュすごいな。一部と二部の温度差の違いにびっくりしつつも、そんなところも刀ミュの魅力なんだろうと思いました。一部が悲しくて辛いお話でも、二部のステージでその気持ちを払拭して幸せな気持ちになってもらう。ミュージカルとはいいつつ二部は完全にアイドルのそれだったのもあり、なぜ刀剣男士を「アイドル化」したのかについては少し疑問が残ります。でも、歌にあわせてペンライトをふって応援するのはとっても楽しくて。その楽しい体験を作り出したかったってことだけで十分なのかなぁ。好きなキャラクターからファンサもらえたらすっごい嬉しいし。

 

感想︰舞台『SENGOKU WARS~RU・TENエピソード2~猿狸合戦』

あらすじ諸々はこちらから(公式)
http://le-himawari.co.jp/releases/view/00662

 

上演時間、短い。
展開、むちゃくちゃ早い。
だからこそなのか、綺麗にまとまっていたような印象でした。ただ展開が早すぎて歴史を予習していかないと置いてけぼりになるかも。『るの祭典』からの続き物だけど、たぶん前作見てなくても普通に楽しめます。たぶん。ゲストの所は分からないかもしれない、ただ、どちらかというと史実勉強してから観た方が楽しいかもしれない。

 

内容は笑いあり真剣シーンあり、それがたたみかけてくるところがるひまらしさ(?)で好きでした。もともとテンポのいい舞台って次々に刺激が来るから好きなんですけど、猿狸合戦はほんとに刺激の連続って感じ。場面転換に唐突なギャグに女装にゲストシーンにエトセトラエトセトラ。人によっては「展開はやすぎ!」ってなるのかなぁ。私個人としては自分の日本史不勉強を少し後悔した程度でした。もともと面白かったんだけど、勉強してたら思惑も読めて共感できて楽しそうだなぁ、みたいな。

 

加藤啓さんが演じる「かき乱すキャラクター(数キャラいるのであえてまとめると)」癖になります。

あと鳥越さん。今までの印象は弱虫ペダルの鳴子くんに代表される「ちっちゃくて元気な役」だったので、今回の徳川家康は個人的にかなり驚きでした。演技の中に老獪さや威厳がにじみ出ていて、「魅力的な悪役」になってました。悪役にはちょっとうるさいのですが鳥越さんが演じる徳川家康、とても好きです。

そして主演の辻さん。秀吉の豹変ぶりが見事でした。辻さんの人柄もあるのかな?と思うのですが、心優しい青年の演技がとても上手だなぁ......。人たらしの秀吉、はまり役だったのかなって思います。
あと金髪がめちゃくちゃ似合っててかっこいい。TARO URASHIMAの時も思ったけどめっちゃ金髪似合いますね、辻さん。


ちなみにわたしは滝口さんゲスト回を観劇したのですが、相変わらず滝口さんはビジネス破天荒でした。

「まずは第1章」とか公式サイトに書いてあるけど、続き期待していいのかな。是非お願いします。

 

【追記】
『猿狸合戦』、るひま恒例の上映会を5月にやるみたいなので是非。

感想︰舞台『ノラガミ -神と絆-』

ざっと感想

 結論から言うとおもしろかったです。ノラガミ好きな人には是非観てほしいし、知らない方でもノラガミの知識をつけた上で観たらおもしろいんじゃないかな~って思います。2.5次元らしい、キャラクター性を全面に押し出していて。愛着の度合いによって抱く感想が全く違いそうだなぁと思う構成の舞台でした。というのも、特に主役二人の見せ場が少ないから。それが残念というか「これでいいのか…?」という感じです。原作目当てではない、鈴木さんや植田さんファンの方は物足りないかもしれません。

 脚本は全体的にコンパクトにまとまってるなぁという印象。上演時間も短いしな……。でも、その中にキャラクターの心情の動きが多く描かれていたので感情移入がしやすく、舞台の世界へ没入することができました。オリジナルキャラクターの見せ場がすごく多い。オリジナルキャラクター達に感情移入ができるかどうかが、「この舞台を面白いと思うかどうか」の鍵を握っているひとつだと思います。

 面白いな~って思ったのは、神器召喚の演出。客席に向けたスポットライトが一斉に光って、視界が一瞬奪われます。この臨場感は劇場でないと味わえなくて。舞台ならではの演出でとても好きだしなんだか癖になります。ノラステは映像×演出×役者でうまく臨場感を演出していて、そこが魅力だと思いました。

 あと個人的には糸原さんの脚がすごく綺麗でした。小福ちゃん、あどけない感じがすごくかわいかったなぁ……。この舞台でのお気に入りのキャラクターです。

 

殺陣

 プロジェクションマッピングと、役者さんの動きが融合した殺陣は圧巻でした。舞台の構成をみても殺陣のボリュームはかなり多いほうかなぁ。メインキャラクターで殺陣を演じるのは三人しかいないのですが、それぞれが違う戦い方をするので見ていて楽しかったです。パワーがある。夜トは二刀の刀をとてもなめらかに振り回しながら戦い、毘沙門天は銃や大剣に持ち替えながら戦い、敢御は小さな剣と小さな盾で素早くもダイナミックな動きで戦う。
 特に、プロジェクションマッピングと融合している点が新鮮。映像で投影された妖を斬って、奥から夜トが登場する演出は、舞台ならではのファンタジー性を感じられてとても好きです。

感想︰舞台『アマテラス』

公式サイト︰http://www.shachu.com/amt/

 

少年社中さんの作品、とても好きだなぁと改めて思いました。ネタバレありです。

 

▼感情移入、はかどりすぎ

    この作品、すごくおもしろくて楽しかったです!深く考えなくてもただ純粋に楽しいし、深く考えればその分味わえる深みもあって。すごく良い作品だなぁと思いました。アマテラス、特に何が面白かったのかなぁって考えると、謎が多く先が読めない展開と、観客を裏切る展開の力が大きかったのかなって思います。日本神話×AIという全く違う要素を持つ2つをかけあわせたことによる新鮮さと、それから生まれる違和感と謎。それが気になる私たちは、同じように謎を解かんとする主人公のヤマトタケルに共感しつつ物語にひきこまれていって。その過程があるからこそ、ヤマトタケルがアマテラスの事が好きだ!っていうことに対して「なんか応援したいなぁ…」のような感情移入がしやすい下地ができているのかなって思いました。アマテラスとヤマトタケルの手紙のやりとりもそのための布石で。だからこそラストシーンがより一層胸をうつんだと思います。
    どうして愛し合う2人が戦わなければいけないのか。その愛すら作られたものだったのか。その絶望感が、全ての謎が解けたヤマトタケルと私たち観客に襲いかかってくる。それはもう、前半のわいわいにぎやかな展開からは想像もできないくらい残酷な結末で。そのギャップがあるからこそ、そしてそれを乗り越えたような示唆が見えるラストシーンだからこそ、すごく心に響いたなぁと思いました。

 

▼キャラクター、ぶっ飛びすぎ
    アマテラス、既に述べたようにシナリオ構成がすごくうまいなと思ったのですが、それだけじゃないんです。キャラクター一人ひとりが濃すぎる。すごい。誰がゼウスとアテナが全身ギラギラ衣装で靴まで光らせて出て来ると予想したか……。しかもゼウス、目からビーム出すし。真顔で。アテナ役のみかしゅんさんは中性的な美しさにあふれてて不気味。因幡の白ウサギ役の中村優一さん、語尾がぴょんぴょんしててすごくイケメンなのにかわいい。中村さんも含め、動物役のキャストさん達は皆さんとてもチャーミングでした。かと思えば神様サイドのキャラクターもめちゃくちゃ濃くて。個人的にはニニギと猿田彦のコンビがとても好きでした。ニニギ様を称えるコールみたいなのが頭から離れない…笑。それからあまちゃん、めちゃくちゃかわいかったです。笑顔が最高でした。

感想︰舞台『紅き谷のサクラ』

紅き谷のサクラがとても良かったという話。

Kitty Entertainment Presents「紅き谷のサクラ 〜幕末幻想伝 新選組零番隊〜」

根本正勝さん初めての演出作品。昨年末にキティのイベントにて、根本さん作演出で上演された『ラストデイ』がすごく良かったので、初日を前にしてすごくわくわくしていたのが記憶に新しいです。チラシの「大胆×繊細×刺激的×可憐×残酷」と「零番隊」という響きに「厨二病系かな?」と思いながらの初日。

 

◆所感

まるで少年マンガのようなキャラクターの濃さに、2.5次元舞台を見ているのかと錯覚したほどだ(悪い意味ではなく)。とにかくキャラクターがたっている。人斬りの運命に苦しむ最強隊長、天音屋サクラ。時に優雅に時に荒々しくだけど病気属性持ちの参謀役、柊一茶。無骨者だけど実は優しい、でも超がつくほど女嫌いの槍使い、桐山甚兵衛。ちょっと女の子みたいなかわいさがある医療担当兼双剣使い、染井蘭。メインキャラクターは四者四様、一言で言うとオタクが好きそうな感じ。そして敵役とサブキャラクターも良い味を出しているのだ。特に鏡止水という敵役がこの作品に華を添えている。カリスマ性のある胸糞悪い下衆野郎、最高です。

シナリオは王道。あっと驚く展開こそないけれど、その分キャストの方の演技が光っている。ただ、残酷。「ここで死ぬ!?」ってところで死ぬ。ばんばん死ぬ。演出の付け方がえぐい場面も。人の死体を抉るシーンのSEがリアル。生首だって登場する。だけどもちろん、残酷なだけじゃなくて。誰かを思う思いが『紅き谷のサクラ』のキャラクター達にはそれぞれ息づいていた。そうした残酷さの中に見える「愛」こそテーマなのかもしれない。

あと個人的な感想。サクラがひとりひとりの頬に紅(もしくは血?)を塗って最終決戦に向かうシーンがとても好き。見てる時に演出の根本さん本当に最高だなと思いました。最終決戦に向けての覚悟と奮起をああいう形で見せられると熱くなる。

 下記、特筆したいお二方について。

 

◆玉城裕規さん(天音屋サクラ役)

主演。玉城さんのおどろおどろしい、どろどろした負の感情の表現がとても好きなので、今回の役どころはとても見応えがありました。人斬りとしての運命に抗おうと苦しみもがき、つかの間の幸せすらもその手に掴むことは叶わなかった。そんな残酷な現実に苦しむ1人の人間の人生を、玉城さんは板の上で生きている。わたしが玉城さんの演技が好きな理由のひとつに「感情が生々しい」っていうポイントがあります。生々しい。恨み苦しみ悲しみ怒りがまるでエネルギーの波みたいに客席まで伝わってくる。その熱量に圧倒される。主演なだけあって、そういう見どころが何度もありました。特に圧巻なのは生首を取り出す場面。

でも、玉城さんは演技だけじゃないんです。殺陣のスピードとダイナミックさが飛びぬけてるんですよね。今回玉城さんは刀を使う殺陣なんですが、凄まじいスピードで刀を舞台上で振り回しています。アクションという意味でも見応えがすごい。繊細かつ可憐かつ大胆です。たぶん「大胆×繊細×刺激的×可憐×残酷」は玉城さんの殺陣を表しているのでしょう。違うと思うけど。でもそんな言葉がぴったりです。

 

◆陣内将さん(鏡止水役)

今回のダークホース。それまでの陣内さんの印象は、『ミュージカル黒執事』のソーマだった。からのゲスの極み野郎・鏡止水。正直同じ方が演じているとは思えない。とても魅力的な悪役を演じられていた。頭のネジは外れていて、理不尽で、ゲスで不気味で何を考えているのか分からない。でも独自の美学と信念に従っている美しい悪役だった。特筆したいのは、セリフだけではなく動きにもその異常性が満遍なく発揮されていたこと。とにかく動きが気持ち悪い。嫌悪感をつのらせる。最高。こういった悪役、マンガやアニメだと時折見るがまさか舞台で見ることができるとは露ぞ思っていなかったのだ。それほど、異常性のある動きをするというのは中々難しいことなのだと思う。完成された動きから紡がれる言葉。カリスマ性のあるゲスキャラが好きな人の心に必ず刺さる役であったと思う。

紅き谷のサクラには、鏡止水以外に目立った悪役はいない。だからこそ、彼の異常性と嫌悪感が物語を盛り上げるためには必要だったのだろう。 鏡止水という存在のおかけで、物語は観客の感情を巻き込み一層の深みを獲得している。とにかくすごかった。

 

『紅き谷のサクラ』DVDは税込4980円と比較的お安めな部類に入るので、気になった方は是非。キティの通販サイトで買えます。玉城さんの感情表現と殺陣が好きな方、気になる方は是非。