読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かの世迷い言

舞台の感想と雑記です

感想︰舞台『ノラガミ -神と絆-』

※前作見てません。原作未読(Wiki知識のみ)

 

◆ざっと感想
 結論から言うとおもしろかったです。ノラガミ好きな人には是非観てほしいし、知らない方でもノラガミの知識をつけた上で観たらおもしろいんじゃないかな。
久しぶりの2.5次元。2.5次元らしい、キャラクター性を全面に押し出した舞台でした。初見の感想と、2回、3回と見ていくうちに抱いた感想が全く違う舞台。
 最初は正直「ストーリーは微妙だなぁ」と感じてしまった。原作を読んでいないため、特段ノラガミのキャラクター達に思い入れもないし、物語の主軸でありクライマックスの鍵にもなるオリジナルキャラクター達にあてる焦点も少ない。感情移入ができなくて、つい仏のような顔でクライマックスシーンを眺めてしまった(初日だ。ちなみにすすり泣きは聞こえた)。用語が多く、また物語において前提となっているキャラクター達の関係性(敵対関係、因縁関係)があったりしてついていけなかった部分もあったのだろう。
 全体としてコンパクトにまとまっているものの、途中で間延びしたなと感じるシーンもありつつ。殺陣はすごい。ダイナミック。迫力がある。中村龍介さんの殺陣がものすごいので是非見てほしい。演出と照明効果もすごいです。プロジェクションマッピングは視覚を飽きさせないし、神器召喚のシーンは舞台ならではの臨場感だと思う。

 そんなこんなで、あまり期待せず二回目を観た。正直めちゃくちゃ感動して泣いた。颯丸と敢御の関係性に胸をうたれたし、感情を全面に押し出した演技に涙を誘われた。一回目と二回目のこの感想の違い、受けた衝撃の違いはなんだったんだろう。予め敢御の信頼と、颯丸の思いを知っていたことっで、脚本の中に細かく織り込まれた演技を感じることができたのだろうか。
 中村さんは細かいお芝居に味がある方だと思う。ご本人の代表作(と私が勝手に思っている)【メサイア】の三栖公俊という役は、あまり動きがない。ご本人の言葉を借りれば、いわゆる「静」のタイプのキャラクターだった。そんな役だからこそ、目線や細かい仕草でお芝居をするよう、誰も観ていないかもしれない小さい動きにも意味があるように心がけていらっしゃるようだが、そんな中村さんの良さが出ていたように思う。
 そして二回目ともなると、ノラガミの原作キャラクター達にも愛着がわいてくる。特にお気に入りになったのは小福ちゃん。本当に小福ちゃんかわいい。子供のようなあどけなさの残る笑顔が印象的だ。演じている糸原さんのスタイル(特に足)が本当に綺麗です。

 

◆殺陣
 プロジェクションマッピングと、役者さんの動きが融合した殺陣は圧巻の一言。舞台の構成をみても、殺陣のボリュームはかなり多いほうに分類されると思う。敢御は小さな剣と小さな盾で素早くもダイナミックな動きを。毘沙門天は様々な武器を持ち替えながら戦い、夜トは二刀の刀をとてもなめらかに振り回しながら戦う。メインキャラクターで殺陣を披露するのが三人と、ノラガミの総キャスト数に比較して少ないものの、物足りなさなど感じさせないパワーがあった。
 特に、プロジェクションマッピングと融合している点が新鮮。映像で投影された妖を斬って、奥から夜トが登場する演出は、舞台とはいってもファンタジー性を感じられてとても好きだ。

 

◆まとめ
 ノラステ第二弾、おもしろいです。いっぱい観たくてリピートしてます。
 一回目のノラステはあまり評判がよくないと聞いていたが、今回のノラステはそれに比べるとなかなか面白かったのでは。一回目を観た友達の感想も今度聞きたいと思います。千秋楽まで楽しみです。